ヒトは自律神経と内分泌・免疫によって体内の環境を一定の状態に保っている。自律神経は交感神経と副交感神経の2つの神経系から成り、たいていの器官はこの二つの神経に二重支配されている。そして両者の及ぼす作用は拮抗的に働く。それぞれの作用で解りやすい状況が「戦闘、逃走するときには交感神経が優位」だ。興奮状態では末梢血管は収縮し心拍数は上がる。血圧が上がり、消化器官、皮膚への血流は減少、気管支拡張と激しい運動に対応できるように働く。

ナイトウェーブ

反対にリラックスしている時は副交感神経が優位になる。心拍数、血圧は下がり、消化器官は活発に働き、尿意を催し、ついでに勃起までする。ウェザリー・ジャパンが販売しているナイトウェーブ(NightWave)は副交感神経を活性化させ、リラックス状態から睡眠へ導く睡眠導入ガジェット。続きを読む