今売られている遠近両用メガネには “遠近両用累進レンズ” と呼ばれるいわゆる境目の無いレンズが使われている。

“遠近両用累進レンズ” の見え方
遠近両用累進レンズ見え方0遠くの視野は広い反面、中間から手元にかけては狭くなる。

遠近両用は、これが標準レンズで、境目のあるタイプはほとんど作られていないという。


遠近両用累進レンズ見え方2

この今の遠近両用メガネは、便利な反面、真ん中から下の領域の左右がほとんどぼやけて見えない。これは相当違和感があって、初めて遠近両用メガネにしたヒトたちは口を揃えたようにこの点の不満をもらす。

PixelOptics社が開発したオートフォーカスメガネ emPower!は下を向くとレンズの度数が変化する遠近両用メガネ。

emPower!

emPower! は、見たい!と思ったときに瞬時にピントが合うほか、今までの遠近両用メガネよりも視野が広く、見え具合もよい。さらに、3つのモードを切り替えることで、さまざまなシーンに合わせて使うことができる優れものだ。


瞬時にピントが合う仕組み
レンズの度数が変わる秘密は、レンズの中に液晶の層があること。この液晶の中に弱い電流を流すことで、レンズの度数を変えることができるのだ。

com

さらに、デジカメやiPhoneなどにも使われている加速度センサーが頭の動きを感知。なにか読もうと下を向くだけで、老眼の度数に切り替わる仕組みとなっている。

3つのモードを切り替え
emPower! には3つのモードがあり、フレームについたスイッチで簡単に切り替えることができる。使うシーンによってモードを切り替えると、より便利に使えそうだ。
オートマチックモード
なにか読もうと下を向くだけで、老眼鏡に早変わりする。
マニュアルモード
普通の遠近両用メガネのように、レンズの上のほうを通してまっすぐ見たときには遠くが見えて、目線を下げてレンズの下の方を使ってみると近くが見える。
マニュアル・オフモード
度数切り替え機能がオフになり、レンズの歪み感が抑えられる。スポーツなど動きの激しいときには、このモードがおすすめ。

視界の広さは今までの遠近両用メガネの2~3倍
左が今までの高級遠近両用レンズ。右が emPower! (エムパワー)。emPower! (エムパワー)のほうが、はっきり見える部分が広いだけでなく、直線も歪みが少ないのが分かる。
オートフォーカスメガネの見えた


1回の充電で3~5日使える
emPower! は電気で度数を切り替えるので、フレームの中に電池が内蔵されている。専用のクレードル(充電用の台)にセットすれば、2~3時間で充電できる。
1度充電すれば3~5日間使えるが、必要なときに電池が切れてしまうことのないよう、PixelOptics社では、毎晩寝るときに充電することを薦めている。

4月より発売開始。
ただしアメリカのみ。
emPower! は4月よりアメリカ南東部で発売される。プレスリリースによれば、2011年中にはアメリカ全土で販売される予定だ。また、今後は全世界での発売が計画されている。
emPower! の開発には日本のパナソニック ヘルスケアも携わっているので、日本での発売も期待したいところだ。メーカー希望小売価格は、フレームとレンズ、充電器など全て込みで1,200ドル(約10万円)。メガネとしては高い部類だが、日本のデパートや高級専門店で、ハイグレードな遠近両用レンズを入れてメガネを作ることを考えると、それほど高くないとも言える。