ハンファ・ジャパンが9,800円で発売した常時録画型ドライブレコーダー「DVR-ED2」。

DVR-ED2

視野角水平90度、垂直60度で130万画素のCMOSセンサーを搭載し、最大解像度1280×960ピクセル、毎秒30コマで車外の様子を常時録画できるドライブレコーダー。他社製ドライブレコーダーではモニターがついていないことが多いが、DVR-ED2は折り畳み可能な2.5インチカラー液晶LCDを搭載している。

設置時の撮影アングルの調整、記録映像の確認再生、各種設定などが液晶ディスプレイで確認できるのがよい。
録画形式はMotion JPEG(AVI)で、録画解像度は1280×960/720×480/640×480ピクセルから選択でき、モノラルでの音声録音に対応する。記録メディアはSD/SDHCカード(最大32GB)に対応しているが、これは別途用意する必要がある。

本体内蔵バッテリーで、最大約80分のバッテリー駆動が可能。DC12Vのシガーソケットを使用し充電する。さしっぱなしにしておけばエンジンON/OFFに連動し、レコーダー本体電源をON/OFF、録画開始/終了を自動で行うこともできる。

DVR-ED2 2.5インチ液晶&バッテリー内蔵 常時記録型ドライブレコーダー 運転中のひやっとした瞬間を映像で残し万が一に備える! 最大32GBのSDHCカードが利用可能
DVR-ED2 2.5インチ液晶&バッテリー内蔵 常時記録型ドライブレコーダー 運転中のひやっとした瞬間を映像で残し万が一に備える! 最大32GBのSDHCカードが利用可能


この性能で1万円を切る価格には驚きだ!