インターネットを使って電波の届かない遠隔地でテレビを視聴する。
2005年にロケーションフリーとしてソニーが販売していた画期的なシステムだ。

slingplayermobile

個人での使用に限っていれば良かったのだろうが、まねきTVがこのロケーションフリーのベースステーションをユーザーから預かって国内に設置し、インターネット接続する有料サービスを始めた。
NHK、在京民放5社はこのサービスが著作権の侵害にあたるとして訴訟を起こした。(係争中)これがきっかけとなりソニーは国内での後継機種を販売せず、事実上ロケーションフリーは消滅してしまった。

TV&バッテリー

その後はソフトバンクモバイルがiPhone向けに提供する「TV&バッテリー」で受信したワンセグ映像を無線LAN使用時のみインターネット経由で視聴できるTVモバイル - TV Bank Corp.が唯一の遠隔地でのテレビ視聴を可能にするソリューションとなっていた。

ロケフリと同種の製品として、日本でも販売されていたのが米Sling Media社のSlingboxだ。国内ではアイ・オー・データ機器が販売していた。

Slingbox

現在のSlingboxシリーズには、HDの映像入力に対応したSlingbox PRO-HDがラインナップされている。米国では2010年から発売されているので、個人輸入で入手しているユーザーもいる。イーフロンティアがこのSlingbox PRO-HDの国内向け販売を開始した。同社直販サイトでの販売価格は3万4980円。

ロケフリ同様販売中止になる可能性があるので欲しいと思ったら早めに購入しておこう。