カシオがBluetooth 4.0で採用される省電力技術 BluetoothR Low Energy Wireless Technology対応の G-SHOCK(GB-6900)を2011年中に販売する予定であると発表した。

BluetoothG-SHOCK

省電力に優れ通信機能を1日に12時間利用した場合でも、コイン型電池1個で約2年の電池寿命を実現する。
Bluetooth Low Energy対応G-SHOCKと通信する相手としては、すでにさまざまな対応機器が想定されている。今期待されているのはスマートフォンをはじめとする携帯電話だ。カシオの開発は特にAndroid端末に期待しており、携帯電話とG-SHOCKの間で情報をやりとりすることで、さまざまな機能を実現しようとしている。

BASELWORLD 2011にて
GB-6900とMEDIAS

Bluetooth Low Energyは、Bluetooth 4.0の一部として規格化されているもので、Bluetooth SIGのワーキンググループであるPUID(Personal User Interface Devices)グループが仕様を策定している。PUIDグループは時計メーカーが中心となっており、Bluetooth Low Energy自体は腕時計に組み込むことを想定しているが、それに加えてこれまでBluetoothが搭載されてこなかったようなゲーム機や自動車、健康機器などへの採用も計画している。現在、技術のコアの部分は決まっており、プロファイルの策定が行われている段階。

今後登場が予定されているBluetooth Low Energy対応チップは、PUIDグループが作成するプロファイルは基本的にすべて搭載していく方向で、このプロファイルを追加することでさまざまな機能が実現できる。カシオでは現在、4つのプロファイル「TIME」「ALERT」「FIND-ME」「PROXIMITY」を想定している。

Bluetooth Low Energy

TIMEは、携帯に設定されている日時を腕時計側に反映させるプロファイル。携帯は一般的に、電波から時間情報を得て時間合わせを自動で行ってくれるため、たとえば海外に行ったときでも、自分で時間を合わさずに、現地の時刻に自動設定される。その情報を時計側に送ることで、腕時計の時間合わせも不要になる。

ALERTでは、電話やメールの着信を腕時計側に表示してバイブで知らせることができる。その時に腕時計を軽く叩くと、着信音のミュートといったこともできるので、会議中に急に着信音が鳴っても、腕時計を素早くタッチしてミュートする、といった使い方ができる。メールの件名なども確認できるので、携帯をバッグの中から探し出さなくても、腕時計を見る動作だけでメールの重要性を確認できる。

FIND-MEは、腕時計から携帯のアラームを鳴らしてどこにあるかを探すという機能。

PROXIMITYでは、例えば、携帯から時計が離れてリンクが外れると、アラームを鳴らして警告したり、PCに腕時計を付けて近づくとロックが解除され、離れると自動でロックする、といった機能も実現できるという。

シチズンが販売しているアイバートMもほぼ同様の機能を持っている。しかしこちらはBluetooth 1.0ということもありリンク切れが多くBluetooth接続したままの使用でフル充電から約5日で電池切れとなる。こまめな充電が必要となり、これが意外と面倒くさい。