火災は何といっても初期消火が大切!

com

投げ消す消火用具 サット119は発見した火元に向かって投げ入れるだけでほぼ一発消火。


火災死傷者の大半は逃げ遅れが原因だ。突然の火事を目の前にしたとき、冷静に消火行動がとれるだろうか。



サット119は510cc。(500mlのペットボトルと同じぐらいの)大きさは、赤い消火器に比べ軽く、動作としては投げるだけ。これならプチパニックに陥っても出来るだろう。


消火の仕組みは、投げる→割れる→消火液が飛び散って蒸発(蒸発作用)し燃焼物の熱を奪う→アンモニアガスと炭酸ガスが発生→アンモニアガスは燃焼連鎖反応の負触媒として、炭酸ガスは酸素を遮断するように働く。



肩にかけたままでの取り出しが可能、避難時の退路確保にも有効。



一家に一つ、いや、誤って足下に落として割ってしまう場合も想定して二つぐらいは備えておこう。