ソニーは、停電時に頼もしい300Whという大容量を蓄電でき、室温(23℃)で、1日1回の充電/放電を繰り返しても10年以上使える長寿命を実現した家庭用蓄電池を発売する。

ホームエネルギーサーバー CP-S300

サーバー向け無停電装置として販売されているオリビン型リン酸鉄を使用したリチウムイオンバッテリーを、家庭用のバックアップバッテリーとして商品化したもの。満充電後1年間充電しなくても、バッテリー残量が90%程度保持される性能をもつ。
CP-S300への充電に要する時間は6時間。LEDなどの照明器具の場合、約10時間の給電が可能で、スマートホンの場合は約30回分の満充電が可能としている。

液晶TVも40型以下なら2時間半の視聴が、固定電話(親機)は50時間の使用が可能となる。首都圏直下型の地震の場合、大規模な火災が発生する可能性があるとされている。火災に巻き込まれないようにサバイバルするためにも被災直後の情報受信手段は確保しておきたい。



電源周波数50Hz地域専用モデルCP-S300Eと電源周波数60Hz地域専用モデルCP-S300Wの2種類が用意され10月発売予定。価格はオープンプライス。店頭予想価格は15万円前後。

関東以北用