NECが、LCD透過型液晶のヘッドマウントディスプレイを搭載したウェアラブルコンピュータ Tele Scouter を12月26日から発売する。

Tele Scouter

現場での業務支援を主に想定していてTele Scouter専用の遠隔業務支援ソフトウェア(価格199万円)を使い作業に必要な情報を遠隔地とやり取りする。別売りのマイクとヘッドフォンを使えば遠隔地にいるオペレータと音声通話も可能となる。
ヘッドマウントディスプレイとコンピュータ本体は専用コネクタで接続。ディスプレイ解像度は800×600ドットで、画面サイズは1m先の16型ディスプレイに相当する。

Tele Scouterの活用

コンピュータ部は作業者の腰ベルトに装着可能で、ハンズフリーの作業環境を提供する。

Tele Scouter装着例

コンピュータ部の主な仕様は、CPUにARM 500MHz、メモリ256MB、ブート用メモリ2GB、OSにWindows Embedded CE 6.0 R3 Professionalを搭載。インターフェイスは、microSDカードスロット、IEEE 802.11a/b/g対応無線LAN、Bluetooth 2.0+EDR、専用カメラ端子を備える。IP40準拠の防塵防水。



電源は専用バッテリで、駆動時間は4時間以上。本体サイズおよび重量は、コンピュータ部が90×140×55mm(幅×奥行き×高さ)/約360g、ディスプレイ部が75×35×40mm(同)/約64g(ケーブル込み、メガネフレーム別)。
楽天で探す

本体価格 40万円。