NTTドコモが2011-2012冬春モデルを発表した。今回の注目はなんといっても下り最大75Mbpsと超高速のLTE準拠の通信サービスXi(クロッシィ)対応スマートフォン。

Xiパケット定額サービス

キャンペーン期間中なら「Xiパケ・ホーダイフラット」が4,410円でXiスマートフォンをルーター代わりにして無線LAN対応機器をインターネット接続する「テザリング」が、追加料金不要で利用できるという。
今回からスマートフォンは「先進的で自分の可能性が広がる」フラグシップモデルのNEXTシリーズと「親しみやすく毎日の楽しさが広がる」という位置づけのwithシリーズという構成になる。
NEXTシリーズ
NEXTシリーズ

NEXTシリーズは、7機種中4機種が同社製スマートフォンとして初めてXiに対応し、CPUはデュアルコアを採用。さらに、内3機種で720×1,280ドットという高精細な液晶を装備する。

withシリーズ
withシリーズ

withシリーズでは、ワンセグ、赤外線通信、おサイフケータイ、防水などの日本仕様を標準搭載する。女性やスマートフォン初心者に向けたモデルが中心。

一番気になるのはG-SHOCK「GB-6900」とBluetooth 4.0で連携する「MEDIAS LTE N-04D」。





MEDIAS LTE N-04D
MEDIAS LTE N-04D

4.3インチHD(1280×720)液晶、デュアルコアCPU「APQ 8060(1.2GHz)」、1GB RAM、16GB ROM、起動時間約0.8秒・撮影間隔約0.9秒の約810万画素カメラ、IEEE802.11 b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0、GPS、miniUIMカードスロット搭載の防水スマートフォン。3Gは下り最大14.4MbpsのHSDPA、上り最大5.7MbpsのHSUPAをサポート、ワイヤレス充電、Xi対応。おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線も備えたこの冬イチオシのフラグシップモデル。