米航空宇宙局(NASA)が、広域赤外線探査衛星"WISE"のデータをもとに作成した最新の宇宙地図 The Entire WISE Sky を公開した。

The Entire WISE Sky

5億6,000万個を超える恒星や銀河、小惑星を捉えた地図で、その多くはこれまで観測されていなかったものだ。
この地図は、全天を探査する"WISE"が撮影した1万8,000枚以上の画像を組み合わせたもの。地図上を水平方向に銀河系が横切っている。

WISE

2009年12月14日に打ち上げられた"WISE"は、赤外線帯の4つの波長を利用して全天を探査し、光学的には見え難い天体を捕捉することに成功した。撮影期間は2010年1月14日から2010年7月17日までの6ヶ月間で、この間に1枚/11秒の間隔で約150万画像を撮影した。(各イメージは満月の約3倍より大きい空の領域に相当。)

カシオペア座A光のこだま現象

例えば、これはカシオペア座Aの超新星残骸の「光のこだま現象」を示すWISEの画像。

InnerSolarSystem-en

2011年7月には、WISEのデータから、地球と同じ軌道上にある「トロヤ群小惑星」と呼ばれる小惑星を初めて発見した。海王星や木星、火星にもこうしたトロヤ群小惑星があるが、地球のトロヤ群小惑星は太陽の方向にしか見えないので、これまで発見が困難だった。

A-NEA_Census-med

さらにNASAは2011年9月29日、WISEの観測結果から、中規模サイズ(直径100mから1km)の地球近傍小惑星の数が、想定していた35,000個ではなく約19,500個と見積もられることを発表した。これにより、今後200年から300年は、1km以上の小惑星が地球へ衝突する脅威はないことも確認された。

宇宙はなぜこんなにうまくできているのか (知のトレッキング叢書)
宇宙はなぜこんなにうまくできているのか (知のトレッキング叢書)
なぜ太陽は燃え続けていられるのか。なぜ目に見えない暗黒物質の存在がわかったのか。なぜ宇宙はこんなにも人間に都合よくできているのか──宇宙の謎がよくわかる、村山宇宙論の決定版。