「近眼の原因は、どうやら遺伝でなく、さらに読書やビデオゲームやパソコン作業による目の酷使でもなく、日照不足かも知れない。」オーストラリア国立大学 医学部 環境生物学教授 Ian G Morganらが医学雑誌『ランセット(The Lancet)』でこんな報告をした。

できるなら予防してあげたい近視

太陽光に角膜がさらされることで生成されるドーパミンは眼球が細長くなり瞳孔に入る光の焦点が歪むのを防ぐ作用があるが、日照不足だとドーパミンの量が減り近視になりやすくなる可能性があるというのだ。
諸外国を比較してみると、日本・韓国・シンガポール・台湾・中国・香港といった東アジア圏の大都市において、特に近視の子供たちが多く、その割合は80~90%にもなる。イギリスでは30~40%ほどで、オーストラリアは10%と低く、アフリカは2~3%にすぎない。

via BBC news

これらの国の子供たちの野外活動時間と近視率には相関関係がある。

Ianらは「近視の予防には毎日2~3時間の日光浴が有効」ではないかと考えているという。
BBC News - Massive rise in Asian eye damage

一方で太陽光に含まれる紫外線は白内障の一原因とされている。たぶん近眼は遺伝や生活環境、そしてこの光の刺激といった複合的な要因で起こるのだろう。少なくとも光を浴びる必要性がありそうだということが示唆されたということだろう。

『自然光LEDデスクライト』 ホワイト 目に優しいLEDが、ここについに実現。高機能と最先端デザインがバランスした、スタイリッシュなデスクライト W
『自然光LEDデスクライト』 ホワイト 目に優しいLEDが、ここについに実現。高機能と最先端デザインがバランスした、スタイリッシュなデスクライト