『LEAP センサー』は、米国サンフランシスコにあるLeap Motion社が、現在開発中のデバイス。ジェスチャーによりコンピュータをコントロール可能にする。

LEAPセンサー

Xbox Kinectや任天堂 Wiiのセンサーよりも小型だが、その認識力は従来のものよりも200倍精密で、100分の1ミリ単位で動きをフォローできるという。
100分の1ミリ単位で動きをフォローできる

PC の前に置いて、その上の8立方フィートの範囲を認識する。つまり画面の前の指の動作で「フリック」や「スワイプ」「ピンチ」など、画面に触れることなく操作できるのだ。



同社では、同技術を PC での利用に限定せず、自動車、医療機器など様々な分野のデバイスに組み込んでいきたいとしている。

PC 向け製品では、Mac OS と Windows に対応予定としている。今年の秋頃発売予定で、価格は70ドル前後。

Leap Motion