1950年代に数学者ロジャー・ペンローズが「不可能性の最も純粋な形」として考案し、一般に広めた『ペンローズの三角形』。

ペンローズの三角形

『ペンローズの三角形』は、3本の四角柱がそれぞれ直角に組み合わされていながら、全体で三角形を形成している。そして、我々はこれを通常のユークリッド空間における3次元物体として具現化させることはできない。
立体トリックアートとしてだったら作れるけどね。

超ふしぎ体験!  立体トリックアート工作 キットブック
超ふしぎ体験! 立体トリックアート工作 キットブック

このアニメ、ボールの動きがスムーズでリアルでしょう。ついつい見入ってしまう。