上海問屋から新発売の『上海問屋 ユニバーサル学習リモコン DN-84432』は、専用アプリDigitec SmartをインストールしたiPhoneのイヤフォンジャックに接続して、iPhoneを学習リモコンにする赤外線アダプタ。



リビングにある多くのリモコン。テレビ、ブルーレイレコーダー、CDコンポ、天井灯に、エアコン。いつの間にかテーブルの上はリモコンで溢れかえっている。
上海問屋 DN-84432

それを解消する為に、多くのリモコンを一つに集約して使えるのが学習リモコン。


学習手順
専用アプリDigitec Smartのインストール終了後iPhoneのボリュームを最大にする。続いてアプリケーションを実行し、"Tips"の画面でイヤフォンジャックに本体を挿入すると本体認証が行われる。スタート画面が表示されれば認証完了。

本体認証


学習するリモコンを登録
スタート画面右上の[メニュー]ボタンをタッチすると【Add(追加)】【Edit(編集)】【Delete(削除)】【Simulate(シミュレート)】の4つのボタンが現れる。【Add(追加)】ボタンをタッチしてリモコンを登録。テレビ、ブルーレイレコーダー、CDコンポ、天井灯などの学習したいリモコンを登録することができる。

学習するリモコンを登録

[Name]でリモコンの名前をつけて、[Type]でリモコンの種類を選び、最後に右上の【Save(保存)】ボタンをタッチすると登録完了。


登録したリモコンのボタンを編集
右上の[メニュー]ボタンをタッチし、その後、現れた【Edit(編集)】ボタンをタッチすると下の画面が表示される。

登録したリモコンのボタンを編集

左下の[Add button]をタッチしボタンを追加する。登録したいリモコンボタンの縦の数が同じになるように、新規ボタンを追加する。横は最大4つのボタンが並ぶ。縦のボタンの数を基準としてボタンを追加すると、あとで編集しやすくなる。新規ボタンの追加後[Edit button]をタッチし、ボタンの編集と削除を行う。

編集したいボタンをタッチすると[Edit | Delete]が表示される。[Edit]でリモコンボタンの編集、[Delete]でリモコンボタンの削除を行う。

[Edit]でのリモコンボタンの編集は次の手順で行う。

リモコンボタンの編集

画面上段の左右の矢印(<>)をタッチして好きなボタンの形を選択。中段の[Text]ではボタンに文字入力ができ[Icon]ではプリセットアイコンを選択できる。下段の[Color]でボタンカラーを6色から選ぶ。リモコンボタンの編集が終わったら右上の【Save(保存)】ボタンをタッチして編集完了となる。この手順を繰り返して自分好みの配置にボタンを登録する。


リモコン信号の学習
学習したいリモコンを用意する。続いて、アプリケーションの[メニュー]ボタンをタッチし、その後、現れる【Simulate(シミュレート)】ボタンをタッチするとSimulate(シミュレート)画面が表示される。

リモコン信号の学習

次に登録したいリモコンの信号口と赤外線アダプタの信号口を、1cm以内の距離で互いに向き合うように置く。

互いに向き合うように置く

アプリケーションに登録した、学習させたいリモコンのボタンをタッチすると、画面に学習中のウィンドウが表示される。ここで割り当てたいリモコンのボタンを2秒程度長押しする。リモコンの信号が認識され、正常に学習されると表示ウィンドウが閉じ、ボタンが明るく光る。

この手順を繰り返し、それぞれのボタンに機能を割り当てていく。

リモコンの信号の割り当てが終了したら、右上の【Save(保存)】ボタンをタッチして完成!

学習リモコン完成!


楽天で『上海問屋 ユニバーサル学習リモコン DN-84432』を探す



カラーバリエーションは、ブラックとホワイト。