マウスコンピューターが販売中のHDMI端子につないで使うスティック型Windowsパソコン『m-Stick MS-NH1』にメモリ増加版が登場。


Windows 8.1 with Bing 32bitがプリインストールされている。タブレットPCのうち液晶とバッテリ部分を省いたような構成のため、本体は手のひらの中に収まるサイズを実現している。
MS-NH1-64G

搭載CPUは4コア/4スレッドのAtom Z3735F(ベース1.33GHz、バースト時1.83GHz)、メインメモリはDDR3L 2GB、ストレージはeMMC 32GB→64GBとなっている。

64Gスティック型Windowsパソコン

本体にはUSB 2.0端子や、電源供給用のUSB端子(マイクロB)、microSDカードスロットを装備。無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)のほか、Bluetooth 4.0も備えているが、初回起動時のみUSB接続キーボードとマウスが必要となる。

楽天で『m-Stick MS-NH1』を探す

ストレージを倍にしボディーカラーをホワイトにした限定バージョンのため数量に限りがある。本製品が気になっていた人には買いだろう。これはいい!