エポック社から新発売の『野球盤 3Dエース』は、野球盤で初となるボールが実際に宙を飛ぶ「3D ピッチングシステム」を採用した野球盤。


少年時代に誰しもが楽しんだ野球盤は、1958年に初代が発売された。以降、バージョンアップを重ね2009年に「電光掲示板」が付いた製品を、2010年にはバッターが実際にホームランが打てるようになったモデルを発売するなど、常に進化し続けてきた。
野球盤 3Dエース
投球できるボールは、ストレート、内角/外角高め、チェンジアップ、スライダー、シュート、カーブ、シンカーに加え、消える魔球と消える魔球ジャイロの9種類。ストレート、外角高め、消える魔球ジャイロが空中を飛ぶボールとなっている。



さすがに飛ぶボールだと変化球を投げられないので、ストレート系は飛ぶボール。変化球は転がるボールと使い分けて遊ぶそうだ。

楽天で『野球盤 3Dエース』を探す

これはいい!