BALMUDAから新発売の『BALMUDA The Toaster』は、温度と湿度を制御して焼きたてパンを再現するパン好きのために開発されたトースター。

BALMUDA The Toaster

表面はさっくり焼けて香ばしく、内部は水分をしっかり閉じ込めてふわふわ、コントラストに富んだ食感を楽しめる。
表面はさくさく中はふわふわ

一般的なトースターとの違いは、パンを焼く前にトースター上部の穴に、付属の5ccカップで水を入れること。

付属の5ccカップで水を入れる

注いだ水はパイプを伝って落ち、下部にあるボイラートレイにたまる。トレイの下には3本目のヒーターが隠されており、水を加熱することで庫内に蒸気を発生させる。



パンの種類に合わせて、細かい温度調節を行うのもBALMUDA The Toasterの大きな特徴の一つ。温度帯は大きくわけて3段階。最初はデンプンをα化させる60℃前後でゆっくりと温め、次に表面が茶色くなり、多くのうまみ成分が出てくる160℃前後に温度を上げる。最後の1分を切ると、一気に220℃前後まで温度を上げて、カリッと仕上げる。

中はしっとり温かいクロワッサン

表面にカリッと焦げ目をつけるトーストや、焦げ目をつけずに中をしっとり温かくするクロワッサンなど、モードによって最適な温度制御を自動で行ってくれる。

楽天で『BALMUDA The Toaster』を探す

『BALMUDA The Toaster』は、焼きたてのパンを再現できる究極のトースターと言えるだろう。

これはいい!