FOSTEXから新発売の『BK40H』は、スピーカーユニット後方から発生する低音をホーンによって増幅するバックロードホーン方式を採用したデスクトップスピーカー。


バックロードホーン型スピーカーは、真空管アンプの全盛時代には幅広く使われていた。
BK40H

真空管アンプは出力が小さいため、大きな音量を得ようとすると能率が高いスピーカーが必要であった。しかし高能率なスピーカーユニットに対し、密閉型やバスレフ型の箱(エンクロージャ)を使用すると、中音域以上に対し相対的に低音域のレベルが不足してしまう。これを補う目的でバックロードホーン型のエンクロージャが用いられた。

バックロードホーン型の基本構成図
バックロードホーン型の基本構成図

本製品では木製エンクロージャを採用し、リアルな中域とサイズを超えた低音再生を実現している。
3ピース構造の堅牢なエンクロージャー
3ピース構造の堅牢なエンクロージャー

デスクトップという限られたスペースで、バックロードホーンの豊かなサウンドが楽しめる。

楽天で『BK40H』を探す

これはいい!