上海問屋から新発売の『オート調光サンバイザー』は、内蔵センサが光の強さを感知し、液晶パネルを暗く変色させて眩しさを軽減するサンバイザー。

オート調光サンバイザー

ソーラー発電パネルを兼ねたこのセンサは、約0.2秒間隔で光の強さを感知。光が強い場所ではサンバイザーの液晶パネルを暗く変色させて眩しさを軽減させ日陰やトンネルでは約0.2秒でクリアな状態に戻る。


液晶パネルは紫外線を99.9%カット。液晶部分はガラス飛散防止フィルムがついており、万が一破損した場合でもガラスの破片のほとんどが飛び散らない構造になっている。



取り付けに必要な工具はなく、固定用クリップなどで簡単に装着できる。

これはいい!