Microsoft Windows10の隠しコマンド『GodMode』は、コントロールパネルの内容をエクスプローラーの形式で表示できる隠しコマンド。

新しいフォルダ

デスクトップで新規フォルダを作成して、右クリックで「名前の変更」を選んだら、フォルダ名に「GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}」を入力する。
GodMode

フォルダがコントロールパネルのアイコンに変化。

「GodMode」はエクスプローラーの形式で表示されるので、並び替えやアイコン(小/中/大/特大)・一覧・詳細などの表示選択ができる上、通常のコントロールパネルでは不可能な設定画面のショートカットを作ることもできる。

ちなみに「GodMode」以外にも、あると便利なのがWindows XP ではお馴染みだった「マイコンピューター」。

ハードディスクのファイルにアクセス、CD ドライブにアクセス、USB メモリなどにアクセス、マイコンピューターからいたるところにアクセスできた。

しかし、マイコンピューターという名称は今はない。Windows7 では「コンピューター」、Windows8.1 では「PC」とう名称に変わっている。Windows10 でもマイコンピューターとなるものは「PC」という名称だ。

堤清明のWindowsPC

「PC」を表示する手順
まずは、デスクトップ画面の何もない所で右クリックして「個人用設定」を開く。

個人用設定

左メニューからテーマを選び、そして「デスクトップアイコンの変更」をクリック。

BlogPaint

デスクトップアイコンから「コンピューター」のチェックボックスをクリックでチェックし、OK を押す。

コンピューターのチェックボックス

また、冒頭の各種設定のショートカットを作成する隠しコマンドは、新規作成したフォルダの名前に以下の文字列を入力。「○○.」は任意の半角英数字を入力。例えば「マイコンピューター」であれば「○○.{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}」といった具合。

「ネットワーク」であれば「○○.{208D2C60-3AEA-1069-A2D7-08002B30309D}」、「最近使った項目」なら「○○.{22877A6D-37A1-461A-91B0-DBDA5AAEBC99}」。「電源プランの選択またはカスタマイズ」は「○○.{025A5937-A6BE-4686-A844-36FE4BEC8B6D}」となる。

これらの隠しコマンドを活用すれば、Windows10の操作性は劇的に向上するだろう。

楽天で『マイクロソフト Windows 10 Home 日本語版 Fall Creators Update適用済』を探す

これはいい!