ソニーから新発売の『α7R IV』は、有効約6,100万画素(画像サイズ9,504×6,336)の裏面照射型ExmorR CMOSセンサーを採用したハイエンドミラーレスデジカメ。


AIを用いてリアルタイムに瞳情報を検出し続ける「リアルタイム瞳AF」を搭載する。
α7R IV

動きのあるポートレートを撮影するときに、シャッターボタンを半押しの状態で高精度に瞳を追随し続けてくれるので、そのままシャッターを切ることができる。



既存の製品では人だけだった「リアルタイム瞳AF」。本製品では、新たに動物に対応したアルゴリズムを追加。これにより動物の瞳を高速・高精度に自動検出、追随する。

α7R IV

本体ビューファインダーにUXGA OLED Tru-Finderを新たに搭載することで、α7R IIIに比べて約1.6倍の約576万ドットの解像度を実現。

α7R IV

また、大容量Zバッテリー採用やグリップのホールド性向上、より防塵・防滴に配慮した設計など、さまざまな改良が加えられている。

α7R IV

さらに、カメラ本体の無線LAN機能が進化し従来の2.4GHz帯域に加え、新たに5GHz帯域での転送が可能な「11ac」規格もサポート。電波の干渉が少なく、つながりやすいため安定した高速データ転送が可能となった。

楽天で『α7R IV』を探す

これはいい!