大人の科学マガジン最新号の付録『自動手書きマシン オートマ・テ』は、機械の手にサインペンや筆ペンを持たせると、手がひとりでに動いてあらかじめ記録させておいた文字や絵を書いてくれる装置。



この装置のからくりは、回転する3枚のカムに筆のXYZ軸方向の動きを記録し、これを単3電池の電源で回転させることでXYZ軸方向の動きを制御し、手の複雑な動きを再現させるというもの。
続きを読む